ZONE D パネル一覧

D4自動運転の社会的受容性醸成に係る調査と戦略的な理解の促進

消費者調査を継続的に実施し、自動運転の社会的受容性の醸成に向けた相互理解促進と戦略策定に資する情報を発信します

全国を対象とした消費者意識アンケート調査を定期的に実施し、自動運転の社会的受容性醸成に関するKPI/KGIを検討します。
消費者意識・行動の時系列変化等に加え、定性データ収集も行い、自動運転の社会的受容性醸成に必要な対策・行動・対象・方法等を模索。
さらに委員会・講演・執筆活動を通じて、それらの結果を消費者・事業者・行政のそれぞれにフィードバックし、3者の相互理解と共創体制による自動運転社会の実現を目指します。


対象・土壌に関する情報収集理解

具体的な自動運転サービス実現希望


普及に向け利用者として行うべきこと



消費者における理解


自動運転に関する意識・実態


運転支援機能の認知度と利用状況


各運転支援機能利用者における理解度


ファクター別にみた受容度得点の推移




関連するキーワードから探す

社会的受容性醸成 KPI KGI

SIP自動運転は、引き続き人文・社会科学の視点も含む総合知をフル活用して、Society5.0の具現化として社会構造を変革する自動運転社会の実現と、その先にある一人ひとりの多様な幸せの実現に貢献していきたいと思います。

この記事を見ている方はこちらも見ています