ZONE A パネル一覧

A5自動運転の実現に向けて必要な協調領域の技術・情報・データ

自動運転の実現に向けて必要な協調領域の技術・情報・データ

高度な自動運転は、車両に搭載されたセンサーから得られる情報とインフラなど車両外部から得られる情報から高精度3次元地図情報を用いて自車位置を推定したり、安全な走行経路を計画します。
SIP自動運転ではこれに動的な交通環境情報を加えたデータベースをダイナミックマップと呼び、その構築と配信、ならびに流通促進に取り組んいます。
また、自動運転の実現と普及にとって最重要課題である安全性の確保に向け、安全性評価環境やサイバーセキュリティ評価技術の開発を進めています。

自動運転のしくみ



関連するキーワードから探す

協調領域 車載センサー情報 高精度3D地図情報 ダイナミックマップ 安全性評価環境 サイバーセキュリティ評価技術 IDS

SIP自動運転は、引き続き人文・社会科学の視点も含む総合知をフル活用して、Society5.0の具現化として社会構造を変革する自動運転社会の実現と、その先にある一人ひとりの多様な幸せの実現に貢献していきたいと思います。

この記事を見ている方はこちらも見ています