ZONE A パネル一覧

A3“競争と協調”による自動運転の実現

“競争と協調”による自動運転の実現

“自動車はドライバー/人間が運転するもの”という前提でできている現在の自動車社会。
“システムが自動車を運転する自動運転”の実現には、技術は勿論のこと、法律・保険などの制度整備や自動運転車を受け入れる環境、つまり社会的受容性の醸成も必要になってきます。
“より良いものをより安く提供”するためには、競争による切磋琢磨も必要ですが、共通の課題解決に向けた協調も重要です。
SIP自動運転では協調領域の課題解決に向けて、オールジャパン体制で取り組んでいます。

オールジャパンでの取り組み



関連するキーワードから探す

競争と協調 社会的受容性の醸成 協調領域 産官学連携 府省連携 国際連携

SIP自動運転は、引き続き人文・社会科学の視点も含む総合知をフル活用して、Society5.0の具現化として社会構造を変革する自動運転社会の実現と、その先にある一人ひとりの多様な幸せの実現に貢献していきたいと思います。

この記事を見ている方はこちらも見ています